東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

31歳の町長誕生 現職で最年少 新潟・津南の桑原氏

写真

 任期満了に伴う新潟県津南町長選が二十四日投開票され、無所属新人の元町議会副議長桑原悠(はるか)氏(31)が、元町職員半戸哲郎氏(67)ら無所属二新人を破り初当選した。七月九日に就任する。全国市長会、町村会によると、桑原氏は北海道江差町の照井誉之介町長(33)を抜き、現職町長で最年少となる。市町村長での現職最年少は大阪府四條畷市の東修平市長(29)。

 戦後の地方自治制度になってから史上最も若い町長は、一九五四年当時に二十五歳で当選した新潟県能生町(現糸魚川市)の高鳥修町長。

 桑原氏は津南町出身で、東大大学院を修了。二〇一一年町議選で初当選し、一五年から副議長を務めた。一男一女の母。選挙戦では地域医療の充実や中心市街地の活性化などを訴えた。投票率は77・78%。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報