東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

加計氏喚問要求 首相指示せず 参院予算委集中審議

 参院予算委員会は二十五日、安倍晋三首相らが出席して集中審議を行った。学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、野党が加計孝太郎理事長の証人喚問を要求したのに対して、首相は「私は行政府の長だ。自民党に指示を出すのは越権行為で、あってはならない」と答えた。 

 首相との面会を否定した加計氏の記者会見について、社民党の福島瑞穂氏は、加計氏が「うそ」をついているのではないかと追及。首相は「コメントする立場にない」と述べる一方、自身と加計氏の発言内容が一部、食い違う部分に関しては「記者会見は独特な雰囲気があり、不慣れな人は質問の趣旨を取り違えてしまうこともあり得るのだろう」と指摘。愛媛県の文書に記されていた二〇一五年二月の面会は重ねて否定した。

 自民党の穴見陽一衆院議員が衆院厚生労働委員会で参考人のがん患者にやじを飛ばしたことには「大変残念な発言だった。敬意を持って、その人の気持ちに寄り添った形で対応していかなければならない」と語った。

 国土交通省と財務省の幹部が森友学園問題で、会計検査院への対応や国会に提出する資料について協議した記録として、共産党が国会に示した文書について、石井啓一国交相は「出所が不明で、体裁から見ても行政文書とは思えない」として存否の確認を拒否した。野党が繰り返し調査するよう求めると「どういったことができるか検討したい」と答えた。 (生島章弘)

◆「新聞読めば自民不支持」共産・小池氏が皮肉

 共産党の小池晃書記局長は二十五日の記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相が「新聞を読まない人たちは全部自民党(の支持)だ」との発言に関し「麻生氏の言う通りだ。新聞を読んで真実が伝われば、自民支持にならない」と皮肉った。

 麻生氏が新聞購読者の増加に協力しないよう呼び掛けたことに「メディアはもっと怒った方がいい。読売新聞とか産経新聞とか。営業妨害じゃないですか」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報