東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

議員所得、衆参平均2412万円 トップは逢沢氏7億1193万円

 衆参両院は二日、国会議員の二〇一七年分の所得に関する報告書を公開した。対象は六百十八人。所得総額の一人当たりの平均が二千四百十二万円となり、前回一六年分の公開時(平均二千四百十二万円)と同じ水準となった。トップは自民党の逢沢一郎衆院議員で七億一千百九十三万円だった。一四、一五年と首位の渡辺美樹参院議員が六位(八千五十万円)に入るなど上位八人は自民党が占めた。前回首位の武見敬三同党参院議員は三十五位(三千二百五十七万円)。

 衆院は昨年、解散・総選挙で議員の地位を失った期間があり、議員報酬は報告額ベースで前年より八十七万円程度少ない。事業所得の平均が増え、前回並みとなった形だ。

 上位三人は一億円超で十三位までが五千万円を超えた。逢沢氏は、一六年に死去した元衆院議員の英雄氏の長男。相続した東京都内の土地と株式のそれぞれ一部を売却した。二位の元栄太一郎参院議員は自身が経営する会社株式の売却などで三億一千七十二万円を、三位の中西健治参院議員も株の売却益を含め二億九千二百四十四万円を得た。

 衆参別の平均所得は参院(対象二百四十一人、二千四百五十七万円)が衆院(対象三百七十七人、二千三百八十二万円)を上回った。政党別の平均は自民党が二千六百十二万円で最も高かった。所得を報告した八十三人の女性の中で首位は自民党の稲田朋美衆院議員で二千九百五十一万円だった。

 所得報告以外では、前回報告から増えた不動産や預貯金を明らかにする資産補充報告書があり、百四人(衆院四十八人、参院五十六人)が提出した。衆院議員は昨年十月の選挙後に保有資産を報告しているため、その後、年末までに増えた人が対象。

 このほか、百七十五人(衆院百十三人、参院六十二人)が今年四月一日時点で報酬を得ている企業・団体を届けた。国会議員は、首長や公務員など法律で禁じられている一部を除き兼職できる。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報