東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

西村官房副長官 米カジノ関係者にパーティー券

写真

 西村康稔官房副長官は十二日の参院内閣委員会で、米国カジノ事業者の関係者が西村氏の政治資金パーティー券を購入したとの一部週刊誌の報道を巡り、事実関係を大筋で認めた。「購入は事実だが、法令に従い適正に処理した」と述べ、問題はないとの認識を示した。

 この関係者は旧通産省勤務時代の先輩で、面識はあると説明。政府が今国会成立を期すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案との関連で「立法過程に影響を与えたことは一切ない。(成立後の)事業者選定に影響を与えるつもりも全くない」と強調した。国民民主党の矢田稚子氏への答弁。

 週刊誌報道は、事業者のアドバイザーを務める日本のコンサルタント会社関係者が自民党国会議員ら十五人のパーティー券を二〇一四〜一六年に購入し、西村氏側には二万円が支払われたことを示す資料があるとしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報