東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

仏軍事パレード 陸上自衛隊参加 友好160年を記念

軍事パレードに参加、行進する陸上自衛隊員ら=ロイター・共同

写真

 【パリ=竹田佳彦】フランス革命記念日の十四日、恒例の軍事パレードがパリのシャンゼリゼ通りであった。今年は日仏友好百六十周年を記念して陸上自衛隊の七人も参加した。観覧には安倍晋三首相が招待されたが、西日本豪雨による災害対応で欧州歴訪を中止したため、前日に自衛隊とフランス軍間の物品役務相互提供協定に署名した河野太郎外相が代理で参列した。

 パレードにあわせて、上空を航空機九機が三色旗と同じ赤、白、青色の煙をたなびかせて飛行。制服に身を包んだ兵士ら計四千三百人と装甲車、戦車が約二・五キロを行進した。

 陸自からは第三二普通科連隊(さいたま市)の連隊長、横山裕之・一等陸佐ら七人が国旗と陸上自衛隊旗を掲げ、行進に参加。自衛隊は国連平和維持活動(PKO)部隊の一員として二〇〇八年と、第一次世界大戦開戦から百年を迎えた一四年にもパレードに参加している。

 マクロン仏大統領は昨年、国際的に孤立していたトランプ米大統領をパレードに国賓として招待し、親密な関係を築いた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報