東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

古屋氏、文書でも否定 パーティー収入「過少申告ない」

 自民党の古屋圭司衆院議院運営委員長(岐阜5区)は十八日、政治資金パーティーの収入を政治資金収支報告書に過少に記載した疑いがあるとの一部報道について「政治資金の事業収入はすべて出納帳や通帳に基づいて報告しており、簿外の収入はないので、『過少申告』といった事実はない」との文書を公表した。

 古屋氏が代表を務める資金管理団体「政圭会」は二〇一六年七月に都内でパーティーを開催。朝日新聞によると、事務所がパーティー券の販売枚数を記したノートでは、千百八十八万円の入金があったと読み取れるが、収支報告書には六百四十二万円分しか記載されていなかった。

 文書では、ノートに記載された数字が販売枚数と指摘されたことに対し、「パーティー券の配布先と配布枚数を記録したもの」と説明。販売枚数であれば、その購入額が通帳への入金額と一致しなければならないが、「一致しないものが確認できている」としている。

 文書の公表後、古屋氏は記者団に、配布枚数と販売枚数がどの程度一致していないかについて「具体的なことは今申し上げられない」と述べ、さらに調査を進めていくとした。

 政治資金規正法は、パーティーの収入・支出や、二十万円を超えるパーティー券購入者の氏名などの報告を義務付けており、過少記載として同法違反(虚偽記載)に当たる疑いがある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報