東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「憲法教という新興宗教」 稲田氏が法曹護憲派やゆ

稲田朋美元防衛相

写真

 自民党の稲田朋美元防衛相が自身のツイッターで、法曹界の護憲派を念頭に「憲法教という新興宗教」と、やゆするコメントを投稿していたことが30日分かった。

 稲田氏は改憲を推進している。投稿は29日付で、既に削除された。

 投稿では、保守系団体「日本会議」の支部が開催した安倍晋三首相を支援する会合に出席したと報告。支部長を務める弁護士に触れ「法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」と書き込んだ。

 この投稿に、ネット上では「国会議員の憲法擁護義務に反する」「憲法が最高法規だと忘れている」などと批判が相次いだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報