東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

沖縄の豆記者 首相に「主張押し付け合わず問題解決できる」

豆記者団を代表し、あいさつする沖縄県の吉川宗志さん=1日午後、首相官邸で

写真

 沖縄県と北海道函館市の小中学生が参加する「豆記者団」が一日、首相官邸を訪れ、安倍晋三首相と面会した。沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の沖縄カトリック中学三年の吉川宗志(そうし)さん(15)は代表として「互いに主張を押し付け合うのではなく、尊重し合うことで問題は解決できるはずだ。事実に目を向け、話し合って物事を解決できる人になりたい」とあいさつした。

 首相は「世の中にはいろいろな人がいる。いろいろな考え方に接することで視野も広がる」と応じた。

 豆記者団は、沖縄県から五十人、函館市から十三人が参加した。 (柚木まり)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報