東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

熱中症搬送、年間最多 3カ月で7万人、死者138人

写真

 総務省消防庁は七日、熱中症のため四月三十日〜八月五日の約三カ月に救急搬送されたのは累計七万一千二百六十六人で、年間で過去最多だった二〇一三年(六月一日〜九月三十日)の五万八千七百二十九人を既に上回ったとの速報値を発表した。死亡したのは百三十八人だった。

 日本列島が長期にわたり高気圧に覆われ、七月二十三日に埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の四一・一度を記録するなど、各地で猛烈な暑さが続いたためだ。

 今月六日にも岐阜県下呂市で国内二位タイの四一・〇度を観測。消防庁は今後も暑い日が続くとみて、こまめな水分補給や適切なエアコンの使用といった予防策を呼び掛けている。

 今年の集計は一三年より約一カ月早い四月三十日に始まった。ただ、搬送者数の累計は五月分の確定値(二千四百二十七人)を差し引いても一三年を既に上回っている。

 搬送者数を都道府県別に見ると、最多は東京の五千九百九十四人で、大阪五千二百七十二人、愛知五千百九十五人と続いた。死者数は埼玉十三人、愛知十二人、大阪十人などだった。

 症状別では、三週間以上の入院が必要な重症が千六百五十一人、短期入院が必要な中等症が二万二千八百八十八人。高齢者が全体の48・2%を占めた。

 発症場所は、庭など敷地内の全ての場所を含む「住居」が二万九千七十人と最も多かった。幼稚園や小中高校、大学といった教育機関も五千六十八人に上った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報