東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

北制裁履行で一致 首相、国連事務総長と会談

会談に臨む、国連のグテレス事務総長(左)と安倍首相=8日、首相官邸で

写真

 安倍晋三首相は八日午前、国連のグテレス事務総長と官邸で会談した。北朝鮮から完全な非核化に向けた具体的な行動を引き出すため、国連安全保障理事会決議に基づく経済制裁を完全に履行する必要があるとの認識で一致した。

 首相は会談後の共同記者発表で「北朝鮮の拉致、核、ミサイル問題の解決に向け、国連と連携しながら主体的に取り組んでいく」と話した。

 グテレス氏は、制裁実施の重要性を強調した上で「完全で検証可能、不可逆的な非核化によって、北朝鮮が国際社会の正常な一員となることを進める」と述べた。拉致問題の解決に向けた協力も表明した。

 グテレス氏は九日の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に国連事務総長として初めて出席する。首相は「世界の指導者に被爆の悲惨な実相への理解を深めてもらうことは、核兵器のない世界を実現する上で極めて重要だ」と歓迎した。

 グテレス氏の訪日は、事務総長就任後、昨年十二月に続いて二回目。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報