東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

翁長氏、後継に2氏指名 死去前に音声 両氏とも出馬固辞

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が八日に死去する前に、自身の後継の知事候補として、地元小売り・建設大手「金秀グループ」会長の呉屋守将(ごやもりまさ)氏(69)と、自由党の玉城デニー幹事長(58)=衆院沖縄3区=の二氏を指名していたことが十八日、関係者の話で分かった。音声として残していた。これまでに両氏とも固辞する意向を示した。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する政党や企業、団体でつくる「調整会議」の幹部は十七、十八の両日、知事選への立候補を打診した。

 関係者によると、音声は膵(すい)がんで死去する数日前に病室で録音されていたとみられる。

 呉屋氏は、共同通信の取材に対し、十七日に立候補の要請を受けたが、固辞したと説明。「知事は沖縄県民が選ぶものだ。経済人として支えていくのが使命だ」と話した。

 翁長氏側近の保守系経済人。名護市辺野古移設に反対する「オール沖縄会議」の共同代表を務め、看板的存在だったが、二月の名護市長選で移設反対派の現職が敗れたことを受け、共同代表を辞任した。

 玉城氏は、十八日に調整会議側から音声の存在を伝えられたが、立候補は固辞する考えを伝えた。辺野古移設反対を掲げる一方で、国政では自由党の小沢一郎共同代表と行動を共にしている。翁長氏は、両氏が県内の保守、革新の双方から支持を得られると判断したとみられる。

 調整会議は、他に謝花喜一郎(じゃはなきいちろう)副知事(61)や、県政与党の幹部県議の擁立も検討している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報