東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

沖縄知事選 玉城氏が出馬意向 事実上の一騎打ち

 自由党の玉城デニー幹事長(58)=衆院沖縄3区、四期=は二十日、九月三十日投開票の沖縄県知事選への立候補を目指す意向を明らかにした。同県沖縄市で記者団に「出馬の方向性を限りなく探る」と語った。立候補すれば、安倍政権が支援する前宜野湾(ぎのわん)市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)と事実上の一騎打ちとなる見込みだ。

 佐喜真氏は二十日、公明党県本部と政策協定書に調印した。知事選は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古(へのこ)移設が争点となる見通し。玉城氏は移設反対の立場だが、佐喜真氏と公明党との協定では移設の是非には触れなかった。

 玉城氏は、関係者に対し「立候補することになれば、全力で頑張る」と伝えたことも明らかにした。後援会や、所属する自由党の小沢一郎共同代表と相談して、早ければ週内に最終判断する方針だ。小沢氏からは「選挙は勝つことが第一だ。支援関係を確認し、決意したら連絡してほしい」と伝えられたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報