東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

津村、玉木氏 一騎打ち 国民民主代表選告示

 国民民主党は二十二日午前、代表選を告示し、津村啓介元内閣府政務官(46)=比例中国、衆院当選六回=と玉木雄一郎共同代表(49)=香川2区、同四回=が立候補を届け出た。他に出馬はなく両氏の一騎打ちが確定した。九月四日投開票で、野党共闘の在り方や低迷する党勢の打開策が争点となりそうだ。新代表の任期は二〇二一年九月までとなる。

 当初、九月下旬の代表選を予定していたが、自民党総裁選(九月二十日投開票)と重なるのを防ぐため前倒しした。論戦を通じて党勢立て直しにつなげたい狙いがある。

 届け出後、津村氏は記者団に「現状を打破するために、選手交代が必要だ」と強調。来年夏の参院選を巡り、共産党との選挙協力も否定せず野党共闘を進める考えだ。地域の声を党運営に反映させて低迷から脱却を図る方針を示している。

 玉木氏は記者団に「どちらが安倍政権に対するチャレンジャーにふさわしいかを選ぶ選挙だ」と指摘。共産党を除く他の野党に統一会派結成や参院選共同選対の設置を呼び掛ける考え。選挙対策や広報戦略に予算、人員を重点配分し、党勢拡大を目指す意向だ。

 代表選は国会議員、国政選挙の公認内定者、地方議員、党員・サポーターに割り振られた計二百八十四ポイントを巡り争う。二十二日午後には共同記者会見、討論会などを行う。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報