東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

翁長氏県民葬 10月9日

 翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事の県民葬が、知事選後の十月九日に開催されることが正式に決まった。県や県内市町村の代表者らでつくる実行委員会関係者が二十七日、明らかにした。県議会与党の一部会派は当初、九月三十日投開票の知事選より前となる四十九日の法要前の開催を求めていたが「政治日程とは切り離して、静かな環境で開催すべきだ」との意見が与野党内で強まっていた。

 委員長の富川盛武副知事は二十七日、県庁で開いた実行委の会合で「翁長氏は名護市辺野古に基地を造らせないとの強い決意の下、国と対峙(たいじ)しながら自らの意思を貫き、多くの県民の共感を得た」と述べた。

 沖縄県ではこれまでに、知事を務めた屋良朝苗(やらちょうびょう)、西銘順治(にしめじゅんじ)、大田昌秀(おおたまさひで)三氏の県民葬が行われた。いずれも四十九日より前に開催された。翁長氏は八日死去。県民葬は十月九日午後二時から、那覇市の県立武道館で執り行う。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報