東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

安倍、石破氏 一騎打ち 自民総裁選、改憲など争点

(左)石破茂元幹事長 (右)安倍晋三首相

写真

 自民党は七日午前、総裁選を告示し、連続三選を目指す現職の安倍晋三首相(63)と、石破茂元幹事長(61)が立候補を届け出て、両氏の一騎打ちとなった。前回三年前は無投票で、選挙戦は二〇一二年以来六年ぶり。北海道での地震を受け、両陣営は選挙活動を九日まで自粛する。二十日に投開票され、新総裁が選出される。任期は三年間。 

 首相が党所属国会議員の八割以上を固め、優位に立っている。改憲、五年八カ月の安倍政権のあり方が争点。地方創生、経済政策、政治姿勢も問われる。

 首相は七日朝、官邸に入る際に記者団に総裁選について問われたが、答えなかった。閣議後に北海道地震に関する関係閣僚会議に出席し、地震対応に専念する姿勢を示した。石破氏は「この国をどうしていくべきか首相と議論を交わし、国民に選択肢を提示する総裁選であってほしい」と国会内で記者団に語った。

 党総裁選管理委員会は、七日に予定されていた候補者演説会と共同記者会見を十日に延期。両陣営は出陣式やテレビ出演なども自粛した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報