東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「辺野古阻止、全身全霊で」 玉城沖縄知事が就任

 沖縄県知事選に初当選した玉城(たまき)デニー知事が四日、就任した。初の記者会見に臨み、知事選の争点となった米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設について、反対する意向を重ねて表明した。普天間や辺野古の問題を巡り、日米両政府に対話の窓口を求める考えも示した。 

 移設問題に関し「普天間飛行場の一日も早い閉鎖と返還、辺野古新基地建設阻止に全身全霊で取り組む」と強調。政府との関係については「対話によって解決策を導く、民主主義の姿勢を求める」と語った。

 辺野古沿岸部の埋め立て承認を県が撤回したことに、国が対抗措置を取った場合の対応は「どのような措置がなされても、将来にまで過重な基地負担を押し付ける無責任さは非常に重い問題だと訴え、県の主張が認められるよう全力を尽くしたい」と説明した。

 辺野古移設に反対する市民グループが、条例制定を直接請求した県民投票について「全ての市町村で実施することが重要だ。(投票に関わる市町村の)事務について丁寧に説明し、協力を得たい」と述べた。

 基地問題の現状を「『普天間か、辺野古か』と県民に負担を付け替え、新たな犠牲を押し付けようとしている」と批判。「心ない分断を乗り越えるため、翁長雄志(おながたけし)前知事の遺志を引き継ぎ、今こそ県民が心を一つにする必要がある」とした。

 翁長氏を支えた富川盛武、謝花喜一郎(じゃはなきいちろう)の両副知事が続投することも明らかにした。

 玉城氏は同日午前、県職員らが出迎える中を初登庁し、当選証書を受け取った。予定されていた県庁での就任式は、大型で強い台風25号の接近に備えて取りやめた。記者会見に先立ち、災害対策本部の会議に出席した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報