東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

官房長官「現状是認できず」 「帰れ」「うそつけ」県民怒り

 翁長雄志・前沖縄県知事の県民葬では、参列した県民から、安倍晋三首相の追悼の辞を代読した菅義偉(すがよしひで)官房長官に「帰れ」などと怒りの声が飛ぶ一幕があった。名護市辺野古で新基地建設を進めながら「沖縄の基地負担を軽減する」と繰り返す政府の姿勢に対し、県民の不満が噴出した。

 厳粛だった会場の空気が一変したのは、菅氏が「沖縄の現状は到底是認できない」などと語った時。会場に「うそつけ」などの声が上がった。菅氏が追悼の辞を読み終え、降壇しようとすると、怒号は一段と拡大。ざわめきの中で「沖縄県民をなめるんじゃない」などの言葉が続いた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報