東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

F35B、20機導入検討 空母化へ大綱明記調整

写真

 政府は、空母による運用が可能な最新鋭ステルス戦闘機「F35B」=写真=を新たに導入する検討に入った。年末に策定する防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」に明記する方向で調整している。短距離で離陸し、垂直に着陸できるのが特徴。海上自衛隊の護衛艦「いずも」改修を念頭に、事実上の空母化に乗り出す方針を踏まえ、艦搭載機も考える必要があると判断した。二十機程度の調達を目指す。複数の政府筋が二十八日、明らかにした。

 航空機を搭載し海上で航空基地の機能を果たす空母化に加え、一体的な運用を想定する艦載機を検討することで専守防衛を逸脱するとの懸念が一層強まりかねない。政府は「防衛目的」として用途を明確に示す意向だ。

 F35Bは、主に沖縄県・尖閣諸島を含む南西諸島防衛に活用することを想定。甲板改修後のいずもでの離着陸を見込む。

 F35に関しては、B型のほか、通常の滑走路で使用し、より航続距離が長いA型がある。政府、与党内に新たに導入を検討するB型と、A型の追加購入を含め計百機程度を今後調達すべきだとの案も一部に浮上する。ただ、政府関係者は「いずも型は二隻。搭載できるのは一艦十機、二艦で二十機ほどだ。新たに調達する場合、A、Bを合わせ計六十機程度にとどまるだろう」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報