東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

ベテラン介護職 賃金手厚く 月8万円増か年440万円以上

 厚生労働省は十九日、来年十月の消費税増税に合わせ、介護職員の処遇改善を行うことを決めた。職場のリーダーとなる勤続十年以上の介護福祉士について最低一人は賃金を月八万円上げるか、年収を全産業平均並みの四百四十万円以上にする。長く働けば賃金が上がる仕組みも取り入れ、介護現場の人材定着につなげる。この日の社会保障審議会分科会に提案し、了承された。

 政府は介護サービス事業者が受け取る報酬への加算によって、段階的に賃上げを実施してきたが、介護職員の平均給与(賞与込み)は月二十七万四千円で全産業平均より約十万円低い。

 新たな処遇改善には、消費税率10%への引き上げ分と介護保険料から年間一千億円ずつ、計二千億円を充てる。

 職場のリーダーは勤続十年以上の介護福祉士を基本とし、経験の浅い介護職に比べて賃上げ幅を二倍以上に設定。その他の職種も賃上げできるようにするなど、事業所に柔軟な運用を認める。

 厚労省は障害福祉サービス事業所についても、ベテラン職員を中心に介護と同様の賃上げを図る。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報