東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「子産まない方が問題」 麻生氏が謝罪と釈明

 麻生太郎副総理兼財務相は五日の衆院予算委員会で、少子高齢化に関して「子どもを産まない方が問題だ」とした自身の発言について「不快に思われた方がいるとすればおわび申し上げる」と謝罪した。その上で「私は六人兄弟だが、子供を二人しか産んでいない。私を含め、産まなかった方が問題だというつもりで言った」と釈明した。

 立憲民主党の西村智奈美氏は「産む、産まないはカップルの選択だ。いろいろな状況があり、そうでなかった人が心を痛めている」と批判した。

 麻生氏は四日の衆院予算委で「誤解を与えたとすれば撤回する」としたが、おわびはしていなかった。

 公明党の山口那津男代表は五日の記者会見で、麻生氏の発言について「きわめて不適切だ。だからこそ撤回をされたのだと思う。以後こうした誤解を招くような表現をしないよう、厳しく自身に問うてもらいたい」と注文した。

 麻生氏は三日、福岡県芦屋町で行った国政報告会で「年寄りが悪いみたいなことを言う変なのがいっぱいいるけど、それは間違いだ。子どもを産まなかった方が問題なんだから」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報