東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

統計不正「報告、5日後」 大西元統括官明かす 参考人招致

写真

 毎月勤労統計の不正を巡る問題発覚当時、厚生労働省で統計担当の責任者だった大西康之元政策統括官(現大臣官房付)が八日、衆院予算委員会に参考人として出席した。大西氏は統計不正を「昨年十二月十三日に初めて知った」と説明、上司への報告は五日後の同月十八日だったことを明らかにした。厚労省内部の対応の遅れがあらためて示された。 (清水俊介)

 立憲民主党の川内博史氏への答弁。川内氏は、上司への報告が問題把握から五日後になった理由について質問せず、大西氏も自ら説明しなかった。

 大西氏は、十二月十八日に、部下の参事官を通じて宮川晃厚労審議官や定塚(じょうづか)由美子官房長らに不正を報告、翌十九日に大西氏自身が鈴木俊彦次官らに、二十日に根本匠厚労相に伝えたと経緯を話した。

 定塚氏は特別監察委員会の調査報告書の原案について「人事課職員がたたき台のようなものを事務的に作成した」と明らかにした。監察委による聞き取り調査に定塚氏自身が同席したことを巡っては「先輩の職員に対して、正しいことを話してもらわなければいけないと思った。反省している」と語った。

 監察委の樋口美雄委員長も参考人として出席。現在行っている再調査について「厚労省に手心を加えるつもりは一切ない」と強調した。再調査の内容は「今後の検討に影響を及ぼす危険がある」と言及を避けた。立民会派の大串博志氏への答弁。

 監察委は八日、弁護士で組織する事務局を新設してから初の会合を開いた。終了後、元最高検察庁検事の名取俊也事務局長は、新たな報告書の原案について「事務局と委員で相談して進める。厚労省の職員は関わらない」と第三者で作成する考えを示した。

◆野党、遅れの理由追及せず 質問7回だけ 答弁2分40秒

 参考人招致された厚生労働省大臣官房付の大西康之氏は、毎月勤労統計の不正発覚時に統計分野で政策統括官をしており、実態解明の鍵を握る人物と目されていた。しかし、招致を求めていた野党から大西氏への質問は、二人の議員が計七回行っただけ。大西氏も答弁で厚労省の初動対応や、組織的な隠蔽(いんぺい)の有無について目立った新事実を明らかにせず、国民の疑問に答える審議にはならなかった。

 この日の審議は計七時間で、自民党が約三時間十分、公明党が約一時間、立憲民主党が約二時間五十分だった。本紙集計では、立民側から大西氏への質問は七回で、大西氏の答弁時間の合計は約二分四十秒にすぎなかった。

 審議では、昨年十二月十八日から順次厚労省幹部が不正を把握していく経緯が新たに分かったが、なぜ歴代幹部が不正を知りながら放置していたのかや、どうして不正な調査を始めたかについては、質問もなく、話題にさえならなかった。追及の甘さは否めず、与党議員からは委員会終了後に「野党は何のために大西氏を呼んだのか」との声も出た。立民に先立って質問に立った与党議員は、大西氏の出席を求めなかった。

 大西氏は昨年十二月十三日、部下の室長から不正を伝えられ、同月二十日に根本匠厚労相に一報を上げた。別の統計不正の責任を取る形で事実上、更迭されたため、今年二月以降は、後任の統括官が国会答弁を担当してきた。野党は、大西氏の国会招致を繰り返し求めていた。

 毎月勤労統計の不正を巡っては、八日で公表から一カ月となったが、組織的な隠蔽の有無など、多くの疑問が残されたままだ。 (大野暢子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報