東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > お知らせ一覧 > 記事

ここから本文

【お知らせ】

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国 4月29日〜6月18日 東京ステーションギャラリー

アドルフ・ヴェルフリ《ヴェイエリアーナ・フォン・デュルシア》 1917年ベルン美術館 アドルフ・ヴェルフリ財団蔵 (C)Adolf Wolfli Foundation,Museum of FineArts Bern

写真

 スイスの画家アドルフ・ヴェルフリ(1864〜1930)は既存の美術にとらわれず、自由に創作する「アウトサイダー・アート」の先駆者です。罪を犯し、収容された精神科病院内で生涯、鉛筆と色鉛筆を使い、独自の世界を描き続けました。余白を残さず、絵と文字と音符で埋め尽くされた作品は類をみない表現力と、奇想天外な物語性にあふれています。本展はヴェルフリの日本初となる大規模個展で、約70点を展示します。

 ◇開館時間 午前10時〜午後6時(金曜日は午後8時まで開館。入館は閉館30分前まで)

 ◇休館日 月曜日(ただし5月1日は開館)

 ◇入館料 一般1100円、高校・大学生900円、中学生以下無料

 ◇交通 JR東京駅丸の内北口 改札前

 ◇問い合わせ 東京ステーションギャラリー=(電)03(3212)2485

 ◇主催 東京新聞、東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)

 

この記事を印刷する

PR情報