東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > お知らせ一覧 > 記事

ここから本文

【お知らせ】

東京新聞フォーラム「よみがえる古代の大和 古墳時代に生きた人びと」 8月20日

 東京新聞フォーラム「古墳時代に生きた人びと」を開催します。古代の奈良の事例と共に、最新の人類学的研究や群馬・榛名山の発掘成果を通して、当時の人びとの具体像に迫ります。

 ◇日時 8月20日(日)午後1〜4時(午後0時30分開場)

 ◇会場 東京都江戸東京博物館1階ホール(墨田区横網1の4の1)

 ◇第一部 基調講演「古墳に葬られた人とその精神(こころ)」=菅谷文則氏(奈良県立橿原考古学研究所所長)

 ◇第二部 (1)発表「骨は語る−出土人骨から読み解く古墳時代の人びと」=大藪由美子氏(土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアム学芸係長)、「日本のポンペイ−榛名山麓遺跡群から分かる人びとの暮らし」=右島和夫氏(群馬県立歴史博物館館長)(2)パネルディスカッション=菅谷氏、右島氏、大藪氏

 ◇定員 400人。応募者多数の場合、抽選の上、当選者に開催約1週間前までに聴講券を発送。聴講券持参者のみ入場可

 ◇申し込み 東京新聞ホームページから、またははがき(1枚につき1人。注意・はがき料金は62円に改定)に郵便番号、住所、氏名、性別、年齢、職業、電話番号を明記し、〒100 8505(住所不要)東京新聞 出版・社会事業部「東京新聞フォーラム 古墳」係=(電)03(6910)2525(平日午前10時〜午後6時)=へ。8月7日締め切り(はがきは同日必着)

 ◇主催 東京新聞、奈良県立橿原考古学研究所

 ◇後援 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館

 ◇協力 奈良県立橿原考古学研究所友史会

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by