東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > お知らせ一覧 > 記事

ここから本文

【お知らせ】

没後90年 萬鐵五郎展 神奈川県立近代美術館 葉山 7月1日(土)〜9月3日(日)

萬鐵五郎《裸体美人》 1912年 東京国立近代美術館蔵 重要文化財

写真

 岩手県花巻市に生まれ、神奈川県茅ケ崎市で没した萬鐵五郎(一八八五〜一九二七年)の没後九十年を記念し、二十年ぶりの回顧展を開催します。これまであまり注目されていなかった水墨画にも焦点を当て、制作過程を示す資料や油彩・水彩の代表作など約四百点により、萬が目指した表現の本質に迫ります。

 ◇開館時間 午前9時30分〜午後5時。入館は閉館の30分前まで。

 ◇休館日 毎週月曜日(7月17日は開館)

 ◇観覧料 一般1000円、20歳未満・学生850円、65歳以上500円、高校生100円。

 ◇交通 JR横須賀線「逗子」または京浜急行「新逗子」駅前から京急バスで「三ケ丘・神奈川県立近代美術館前」下車。

 ◇問い合わせ 同館=(電)046(875)2800

 ◇主催 東京新聞、神奈川県立近代美術館

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by