東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > お知らせ一覧 > 記事

ここから本文

【お知らせ】

ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ展 11月23日(木・祝)〜来年1月28日(日)静岡市美術館

 優れた近代美術コレクションで知られる英国・ウェールズ国立美術館所蔵の約70点で、19〜20世紀の英仏美術の変遷をたどります。風景画家・ターナーやラファエル前派のロセッティら英国作家と、バルビゾン派のミレー、印象派のモネ、ピサロ、ルノワールらフランスの巨匠の作品を展示します。

 ◇開館時間 午前10時〜午後7時。入場は閉館の30分前まで

 ◇休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と12月28日〜1月1日

 ◇観覧料 一般1200円、70歳以上と高大生800円、中学生以下無料

 ◇交通 JR静岡駅北口から徒歩3分

 ◇問い合わせ 静岡市美術館=(電)054(273)1515

 ◇主催 中日新聞東海本社ほか

 

この記事を印刷する

PR情報