東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > お知らせ一覧 > 記事

ここから本文

【お知らせ】

夢二繚乱 5月19日(土)〜7月1日(日) 東京ステーションギャラリー

「大椿」1914−16年 千代田区教育委員会蔵

写真

 大正ロマンを代表する画家竹久夢二(1884〜1934年)。東京都千代田区にある出版社・龍星閣の創業者が収集した1200点を超える夢二コレクションが同区に寄贈されたことを記念し、その精華を紹介します。

 1927(昭和2)年に都新聞(東京新聞の前身)で連載された自伝小説「出帆」の134点の挿絵原画全点を一挙に初公開するなど、過去最大級の500点を超える展示によって、夢二の全貌にせまります。

 ◇開館時間 午前10時〜午後6時(金曜日は午後8時まで開館。入館は閉館30分前まで)

 ◇休館日 月曜日(ただし6月25日は開館)

 ◇入館料 一般900円、高校・大学生700円、中学生以下無料

 ◇交通 JR東京駅丸の内北口 改札前

 ◇問い合わせ 東京ステーションギャラリー=(電)03(3212)2485

 ◇主催 東京新聞、東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、千代田区

 

この記事を印刷する

PR情報