東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > お知らせ一覧 > 記事

ここから本文

【お知らせ】

ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ パナソニック汐留ミュージアム 開館15周年特別展

《ヴェロニカ》1945年頃 ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館蔵 Photo (C) Centre Pompidou, MNAM−CCI, Dist. RMN−Grand Palais/image Centre Pompidou, MNAM−CCI/distributed by AMF

写真

◆9月29日(土)〜12月9日(日)

 二十世紀フランスを代表する宗教画家ジョルジュ・ルオー(一八七一〜一九五八年)の没後六十年を記念し、「ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」展を開催します。油彩、水彩、版画、資料の約九十点を通して聖なる芸術の意味とその現代性(モデルニテ)を読み解く、ルオー芸術の集大成となる展覧会です。

 ◇会場 パナソニック 汐留ミュージアム(東京都港区東新橋1の5の1 パナソニック東京汐留ビル4階)

 ◇開館時間 午前10時〜午後6時。ただし10月26日、11月16日は午後8時まで開館。いずれも入館は閉館の30分前まで

 ◇休館日 水曜日(ただし11月21日、28日、12月5日は開館)

 ◇入館料 一般1000円、65歳以上900円、大学生700円、中・高校生500円、小学生以下無料

 ◇問い合わせ ハローダイヤル=(電)03(5777)8600

 ◇主催 東京新聞、パナソニック 汐留ミュージアム、NHK、NHKプロモーション

 ◇後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会

 ◇協賛 光村印刷

 ◇協力 日本航空

 ◇特別協力 ジョルジュ・ルオー財団

 

この記事を印刷する

PR情報