東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > お知らせ一覧 > 記事

ここから本文

【お知らせ】

辰野登恵子 オン・ペーパーズ 11月14日(水)〜2019年1月20日(日) 埼玉県立近代美術館

WORK 77‐D‐10 1977年 シルクスクリーン・鉛筆、紙 個人蔵(c)辰野剛、平出利恵子

写真

 14日から「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」展(来年1月20日まで)がさいたま市浦和区の埼玉県立近代美術館で開催される。

 辰野登恵子(1950〜2014年)は豊潤な色彩で有機的な形象を描き、独自の抽象表現を切り開いた大型の油彩画で知られる画家である。本展では、版画とドローイングといった紙の上の表現に焦点を当てており、油彩30点を含む約220点の作品を通して、40年あまりの軌跡を振り返るとともに辰野の画業を再検証する。

 ◇開館時間 午前10時〜午後5時半。入館は午後5時まで

 ◇休館日 毎週月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)、年末年始(12月27日〜1月4日)

 ◇観覧料 一般1100円、高大生880円、中学生以下無料

 ◇交通 JR京浜東北線北浦和駅西口から徒歩3分(北浦和公園内)

 ◇問い合わせ 同館=(電)048(824)0111

 ◇主催 東京新聞、埼玉県立近代美術館

 ◇協賛 株式会社資生堂

 

この記事を印刷する

PR情報