東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

リオ五輪男子柔道100キロ級「銅」 羽賀選手に川越市スポーツ賞

川合市長(左)から川越市スポーツ賞を贈られる羽賀選手の父善夫さん=同市提供

写真

 川越市は、リオデジャネイロオリンピック男子柔道100キロ級で銅メダルを獲得した羽賀龍之介選手(25)=旭化成=に同市スポーツ賞を贈った。

 羽賀選手は五歳から小学三年の夏まで、兄とともに自宅のあった大井町から川越市の光武館笹田道場に通い、柔道の基礎を学んだ。

 授与式には、羽賀選手に代わって元柔道選手の父・善夫さん(53)が出席。川合善明市長が「市民に感銘を与え、本市のスポーツ振興に貢献した」と賞を贈った。羽賀選手と善夫さんは親子二代で講道館杯優勝の記録を持つ。

 善夫さんは「先日、本人が(次の)東京五輪を目指してもう一度やると言っておりました。東京五輪で目標を達成して、また皆さんの前でごあいさつできれば良いなと思っております」と話した。 (中里宏)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報