東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

生活・防犯情報 一つのアプリで 県提供、SKE48佐藤さんPR

機能が統合された「ポケットブックまいたま」をPRする佐藤すみれさん=県庁で

写真

 県の提供するスマートフォン向け生活情報発信アプリ「ポケットブックまいたま」に、防犯情報を発信するアプリ「県安心サポートナビ」が統合された。

 「ポケットブックまいたま」は、県内のイベントやグルメ情報を発信したり、県施設などで使えるクーポンが手に入るアプリ。今年一月にサービスを開始し、十月末までに約二万六千回ダウンロードされた。

 県はこのアプリとは別に、事件、事故の発生状況を地図で表示したり、防犯情報を発信したりする「県安心サポートナビ」を二〇一四年から運用しているが、県民への情報を一元化するために統合することになった。アプリの統合で五百万円の経費削減につながるという。

 アプリには、防犯ブザーや防犯ライトとして使える機能もある。PRのため県庁を訪れた県出身でアイドルグループSKE48の佐藤すみれさんは「子どもに持たせても安心だし、女性が夜道で一人だととても怖いので便利。休みのたびに埼玉に帰るが、どこかに行く時にグルメやイベント情報を使いたい」と話していた。

 県広聴広報課の担当者は「まだまだダウンロード数が少なく、もっと多くの方に使ってほしい」と話している。本年度中に計五万回のダウンロードを目指すとしている。

 ダウンロードは無料。「県安心サポートナビ」は十二月末でサービスを終了する。 (冨江直樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by