東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

西武秩父駅がリニューアル

リニューアル工事を終えた西武秩父駅=秩父市で

写真

 西武秩父駅のリニューアル工事が先月末、終了した。秩父三社や秩父夜祭に代表される秩父の和の雰囲気を、黒を基調にした色合いで表現したという。

 リニューアルしたのは、外装や特急ホーム、改札口そばのコンコースなど駅舎全般。コンコースは柱や梁(はり)を茶系色にし、温かみのある雰囲気に。ちょうちんやあんどん形の照明など飾り付け、秩父の伝統文化を表現した。

 また「秩父」の文字をモチーフとした紋を駅舎ののれんや照明のカバーなど各所にあしらい、秩父の観光客を温かく迎え入れる意味を込めた。

 西武グループが二十四日に開設する温浴施設「西武秩父駅前温泉 祭の湯」とも統一感を図り、一帯が秩父地域の玄関口であることをアピール。同社の担当者は「今回のリニューアルで、秩父地域のブランド力向上を図りたい」としている。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by