東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

シャクナゲ華やか 3種類2400株が見ごろ

見ごろを迎えたシャクナゲ=秩父市で

写真

 秩父市と小鹿野町にまたがる公園「秩父ミューズパーク」で、春の花シャクナゲが見頃を迎えている。山の斜面に咲き誇る花を一目見ようと、多くの観光客が訪れている。

 シャクナゲは、ヒマラヤ地方の高山が原産のツツジ科の常緑広葉樹。ミューズパークには赤い花の「アンナローズ」、ピンクの「ハイドンハンター」、白い花びらに紫色の斑点がある「サッフォー」の三種類があり、約二千四百株が一・二ヘクタールの斜面に咲いている。

 ミューズパーク管理事務所によると、花の出来栄えは例年並みで、二十一日ごろまで観賞できる。問い合わせは秩父ミューズパーク管理事務所=電0494(25)1315=へ。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by