東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「ふっかちゃん」公式ショップ 「道の駅はなぞの」であすオープン

「ふっかちゃんミュージアム」の店内=道の駅はなぞので

写真

 深谷市の人気キャラクターふっかちゃんのグッズや記念品を紹介する新拠点「ふっかちゃんミュージアム」が、道の駅はなぞの(同市小前田)二階に完成し、十八日、報道陣に公開された。二十日にオープンする。

 ミュージアムはふかや物産観光の運営。ふっかちゃんの関連グッズを扱う「初の公式グッズショップ」としての機能に加え、ふっかちゃんに特化した博物館としての機能も併せ持つ。

 広さ七十六平方メートルの店内には定番のぬいぐるみや文房具など約三百種類の関連グッズが展示、販売される。中でも一メートルの巨大なぬいぐるみ(五万円)や初登場の愛らしい寝姿のぬいぐるみ「おやすみふっかちゃん」(千四百八十円)が注目されそう。ふっかちゃんを主人公にした初の絵本「ふっかちゃんとあそぼ」(小暮政子さん作)も目を引きそうだ。

 ふっかちゃんは全国のご当地キャラクターが人気を競う「ゆるキャラグランプリ」で二〇一四年に全国二位、一五年は三位に輝いた。ミュージアムには、その際のメダルなどが展示されるほか、ファンらがふっかちゃんの健闘を祈って書いた寄せ書きなど珍しい品も見ることができる。

 館長の女性(25)は「ここにはふっかちゃんが毎日顔を出してくれる予定なので、ぜひ多くの方にふっかちゃんに会いに来てほしい」と話していた。

 ミュージアムは年末年始以外は年中無休。営業時間は午前十時〜午後六時。問い合わせは道の駅はなぞの=電048(584)5225=へ。 

  (花井勝規)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by