東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<熱球譜>祖母との約束を胸に 早大本庄3年・今井脩斗選手

写真

 「脩斗が野球する姿が大好き」。ずっと応援してくれた祖母・利子さん(69)に乳がんが見つかったのは一カ月ほど前。抗がん剤治療ができないほど弱った祖母と、二つの約束をして最後の夏に臨んでいた。

 「チーム最高成績を上回る8強進出」と、「ホームランボールのプレゼント」。1回戦、約束の一つが実現した。第3打席で左越え本塁打。記念のボールを手渡したくて、球場からそのまま病院へ向かった。祖母は「さすがだね。良かったね」。うれしくて次も勝つと心に決めた。

 2回戦。延長十二回表に勝ち越されたが、その裏に引き分けに持ち込む同点適時打。再試合を制し、臨んだこの試合の前日、利子さんの通夜があった。

 母・久美子さん(45)は、息子が贈った白球を手に葬儀に参列。だが息子は球場にいた。残る約束を果たすために。

 初回は強烈な打球で打点を挙げ、九回には本塁への好返球で追加点を阻む活躍。だがチームは善戦むなしく敗退した。

 約束の一つは果たせなかった。でも利子さんにはこう報告するつもりだ。「おばあちゃん、全力を出し切ったよ」 (牧野新)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報