東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

イベントいっぱい夜の動物園 県こども動物自然公園 11日から

えさやりが体験できる「カピバラのスイカタイム」=東松山市で(県こども動物自然公園提供)

写真

 県こども動物自然公園(東松山市岩殿)で11日から、夜9時まで開園時間を延長する夏恒例の「ナイトズー2017」が始まる。猛暑の昼は動きの少ない動物たちも、夜は元気いっぱい。音楽ライブや、えさやりなどの体験型イベントも用意されている。

 ナイトズーは11〜15日と19、20日の全7日。カピバラのえさやり体験で人気のある「カピバラのお話とスイカタイム」(14、15日除く)は午後8時〜8時半。午後6時からカピバラ・ワラビー広場で参加券(300円、先着40人)を販売する。

 野外ステージでは週末、江戸家小猫さんの「どうぶつ鳴きまね公演」(12日午後7時、無料)や「夏休みビンゴ大会」(13日、200円)、南米音楽の「フォルクローレライブ」(20日、無料)なども行われる。

 入園料は大人(高校生以上)510円、小中学生210円だが、午後5時以降に入園する「アフター5チケット」は大人260円、小中学生100円となる。入園は午後8時まで。問い合わせは同公園=電0493(35)1234=へ。 (中里宏)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報