東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

REXSなど特別公開 14日、JR鷲宮保守基地で

写真

 JR東日本の鷲宮保守基地(久喜市桜田)で、線路や設備の保守点検用車両などを特別公開するイベントが、十四日に行われる。無料。

 一般に初めて公開されるのは、新幹線のレールの運搬、積み降ろしから溶接までの一連の作業をこなすレール交換システム「REXS(レックス)」=写真。

 JR東日本は、開業から三十五年が経過した東北新幹線のレールのほぼすべてを今年から八年かけて交換する計画で、二月から始まった作業のために開発された。レールをつかむマニピュレーターを備えた積卸車、溶接車など十二両編成(約二百三十メートル)が基本。一度に運べるレールが増え、溶接に要する時間を大幅に短縮できることなどから、従来の約二倍のペースで進めることができるという。

 当日はREXSによるレールの溶接などのデモンストレーションのほか、架線の張り替え工事に使われる「架線延線車」、高所作業車、災害点検用「レールスター」の乗車体験、基地内の線路を歩く「線路ウオーク」、子ども向けの制服撮影会などがある。

 イベントは午前十時から午後三時まで。REXSのデモは午前十一時と午後零時半、二時の計三回予定している。JR東鷲宮駅から徒歩三分。雨天決行。問い合わせはJR東日本大宮支社=電048(642)7401=へ。 (鈴木泰彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by