東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<衆院選>期日前投票始まる 県内160カ所

期日前投票で一票を投じる市民=さいたま市の浦和区役所で

写真

 衆院選(二十二日投開票)の期日前投票が十一日、始まった。県内では商業施設や公民館など約百六十カ所に投票所が設けられ、有権者が早速一票を投じた。

 各投票所では、一部を除き二十一日までの毎日午前八時半〜午後八時まで投票を受け付けている。

 県選挙管理委員会によると、二〇一四年の衆院選では、県内の投票数の約二割を占める約六十三万票が期日前に投票された。

 さいたま市浦和区の団体職員の青羽美加子さん(36)は、二十二日の投開票日は仕事で都合がつかず、区役所の投票所で期日前投票した。投票を終え、「北朝鮮の脅威を強く感じるので、安全保障面をポイントにした。コンビニなどで気軽に投票できるようになれば、若者の投票率も上がるのでは」と話した。 (牧野新)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by