東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「東京五輪で良い結果を」 9秒台の桐生選手に「功労賞」贈呈

上田知事(右)から「彩の国功労賞」の表彰状を受け取る、陸上男子100メートルの桐生選手=県庁で

写真

 陸上男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手に、県が十二日、「彩の国功労賞」を贈呈した。桐生選手が所属する東洋大陸上部は、川越市のキャンパスに練習拠点がある。

 上田清司知事から表彰状を手渡された桐生選手は「タイムを更新できるよう頑張っていきたい」と笑顔。二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに向けて「五輪は特別。選考で残り、地元で良い結果を残したい」と意気込みを語った。

 桐生選手は九月九日、福井県営陸上競技場で開かれた日本学生対校選手権の100メートル決勝で、9秒98を記録した。

 彩の国功労賞は、県民に希望を与えた個人や団体が対象。全国高校野球選手権大会で今夏、県勢として初めて優勝した花咲徳栄など、これまで三団体に贈られている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by