東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<鶴ケ島市長選>斉藤さん無投票で初当選

 鶴ケ島市長選と同市議補選は十五日、告示された。市長選は前市議会議長で無所属新人の斉藤芳久さん(67)以外に立候補の届け出がなく、無投票で斉藤さんの初当選が決まった。市議補選には元職一、新人三の計四人が立候補した。

 現職の勇退で新しい市長を決める選挙が無投票になるのは、一九九一年の市制施行後、九三年に次いで二度目。

 斉藤さんは「市議会議員として十年間、藤縄善朗市長と協力しながら多くの事業に賛成してきた。しっかり進めていきたい。特に農業大学校跡地と周辺の整備が最大の課題。多くの企業に来ていただき、鶴ケ島市を活性化することが仕事と思っている」と抱負を述べた。

 市議補選立候補者の党派別内訳は共産一、無所属三。投票は二十二日、市内十二カ所で行われ、即日開票される。選挙人名簿登録者数は五万八千五百四十三人(十四日現在)。(中里宏)

◇鶴ケ島市長選当選者

斉藤芳久(さいとうよしひさ) 67 無新<1>

  建設会社役員・市商工会副会長(元)市議長・PTA会長・自治会長   

◆市議補選には4人

◇鶴ケ島市議補選立候補者(被選挙数1−候補4)

=届け出順

石塚節子72 市民団体代表  共新 

伊藤正和46 会社員     無新 

浅見要61 NPO法人役員 無新 

大曽根英明56 自転車店経営  無元<4>

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報