東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

香り濃厚「秋バラ」満喫 狭山・都市緑化植物園で見ごろ

見ごろを迎えた「秋バラ」=狭山市柏原の市都市緑化植物園で

写真

 狭山市都市緑化植物園(同市柏原)内のバラ園で、「秋バラ」が見ごろを迎えた。十一月上旬まで楽しめるという。

 千二百五十平方メートルのバラ園には、クイーンエリザベス(イギリス)、聖火(日本)、エレガントレディ(アメリカ)、シャルルドゴール(フランス)など、春と秋に開花する大輪系が咲き誇る。総数は八十種・七百本に上り、多彩な色彩と香りを満喫できる。

 植物園によると、秋のバラは春に比べて小ぶりだが、色鮮やかに咲き、香りも濃厚になる。秋の深まりで昼夜の寒暖差が大きくなり、つぼみがゆっくりと成長して色素や香り成分が蓄積されるからだという。

 担当者は「これから空気が澄んで乾いてくると、品種ごとの香りの違いを、よりはっきりと感じることができます」と話している。

 入場無料で約百二十台分の駐車場がある。問い合わせは狭山市都市緑化植物園=電04(2952)6131、午前九時〜午後五時=へ。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報