東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

アカペラでハモって「勝負」 久喜で来月18日コンテスト

写真

 久喜青年会議所(JC)は十一月十八日、久喜市のショッピングモール「モラージュ菖蒲(しょうぶ)」で、若者のアカペラのグループが競う「ハモラージュ勝負! 青春アカペラコンテスト」を初めて開催する。「音楽活動が活発なまち」として地域の魅力を創出する狙い。二十三日まで出演者を募集している。

 募集の対象は「音楽好きな若者の三〜八人程度のグループ」とし、年齢は限定していないが主に十〜三十代の出演を見込んでいる。

 応募書類による一次審査を通過した八組が出演し、自らが選曲した自由曲と課題曲の久喜市の歌「笑顔のまち永遠なれ」を歌ってハモって「勝負」する。

 アカペラボーカルグループ「RAG FAIR」の引地洋輔さん=写真=らが審査し、優勝者にはCD制作の特典がある。引地さんのライブや出演者と観客が参加する音楽セッションも予定している。

 担当者は「若い人を呼び込み、活力あるまちにしていきたい」と話している。午後一時半から。参加費無料。申し込み、問い合わせは久喜JC=電0480(21)6851=へ。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報