東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

中日が徳栄・清水投手に指名あいさつ 「プロの舞台でも日本一に」

中日スカウト部の中田部長(右)から帽子をかぶせてもらい笑顔を見せる清水投手(中)=加須市で

写真

 プロ野球中日ドラゴンズの中田宗男スカウト部長、正津英志スカウトが三十一日、加須市の花咲徳栄高校を訪れ、ドラフト四位で指名した清水達也投手に指名のあいさつをした。

 清水投手は同部長らとの面談の後、報道陣に「一軍で長く投げられるピッチャーを目標にしている。高校で日本一の経験をしているので、プロ野球の舞台でも目指すところは日本一」と抱負を述べた。

 清水投手は最速百五十キロの直球にフォークやスライダーを織り交ぜる投球が特徴の右腕。今夏の甲子園では全六試合に登板し、県勢初の優勝に貢献した。U−18(18歳以下)ベースボールワールドカップの日本代表にも選出された。

 中田部長は「フォークは落差があり、ストレートに力がある」と評価。「基本的には先発と考えている。球界を代表するような投手になる素質を持っている」と期待した。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報