東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

藍綬褒章 横瀬町消防団長・平沼智次さん(56)

褒章を受章した平沼さん=横瀬町で

写真

 入団三十五年。火災のほか土砂崩れの対応、高齢者の捜索にもあたった。身内の大事を後回しにして、出動したこともしばしばだ。

 群馬県内の高等専門学校を卒業後、横瀬町に戻り、地元の建設会社に就職した。消防団には父が加わっていたこともあり、勧誘を受けた際は「当然入るものだと思っていた」と話す。

 思い出深いのは二〇一四年の住宅火災だ。現場は山林の別荘地で、近くには消火栓がなかった。せき止めた沢の水を、ポンプでくみ上げ放水。被害を最小限に食い止めたと評価された。

 現在はトップとして約百二十人を束ねる。「危険を顧みず、ではない。決して突っ走ってはならない」。団員を心温かく戒めている。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報