東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

盲導犬と歩行体験しませんか 西武球場前駅で12日 親子参加者を募集

 西武鉄道は、盲導犬との歩行体験(十二日・西武球場前駅)を希望する小学生と保護者計三十組六十人を募集している。締め切りは六日。

 二十八の鉄道事業者や公益財団法人「日本盲導犬協会」などが十九日まで合同実施している、鉄道利用客を対象にした「声かけ・サポート」運動強化キャンペーンの一環。

 参加者はアイマスクを着け、盲導犬とともに歩行する。歩行体験を通じ、視覚障害者がどのようなケースで困っているのかを体感し、駅などでの視覚障害者のサポートについて、親子で考えてもらう狙いがある。

 歩行体験の他、盲導犬の育成などを行う公益財団法人「アイメイト協会」による声かけの講義やロールプレイング(役割分担をした上での疑似体験)も予定されている。

 担当者は「盲導犬と触れ合ってみたい方、歩行体験を通じて親子のコミュニケーションを深めたい方も、ふるってご応募ください」と話している。

 イベントは十二日午前十時〜正午、午後一時〜同三時の二部制で、各十五組三十人の親子を募集する。応募方法を含む問い合わせは西武鉄道お客さまセンター=電04(2996)2888=へ。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報