東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「トトロの森」広がる 所沢「ふるさと基金」新たに3カ所取得

トトロのふるさと基金が取得した、自然護岸を残す河畔林=所沢市で(同基金提供)

写真

 県と東京都にまたがる狭山丘陵の環境保全のため、緑地取得を進めている所沢市の公益財団法人「トトロのふるさと基金」は、新たに同市北野三の河畔林など、市内三カ所の緑地計二千二百五十三平方メートルを総額千二百七十万円で取得した。

 同じ地権者の依頼に基づいて一括購入した。このうち河畔林三百五十一平方メートルでは狭山丘陵を源とする小河川が自然護岸を形成し、周囲にはエノキやクヌギなどが生育しているという。

 基金は一九九一年、所沢市内の緑地を初取得して以来、同市や入間市、東京都東村山市、同東大和市などで取得を続けてきた。今回の取得は四十二〜四十四カ所目で、基金が「トトロの森」として保全する緑地の総面積は、約八万三百平方メートルと初めて八ヘクタールを超えた。

 基金では「狭山丘陵の里山環境を守るための資金をご支援ください」と寄付を呼び掛けている。詳細は同基金のホームページ(名称で検索)へ。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報