東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

国内外のキャラクター集合 25・26日羽生で「さみっと」

キャラとファンらが交流した昨年の世界キャラクターさみっとin羽生=羽生市で

写真

 国内外のキャラクターが集う「世界キャラクターさみっとin羽生」(実行委員会、羽生市主催)が二十五、二十六の両日、羽生市の羽生水郷公園で開かれる。今年はキャラクターのコラボステージのほか、昭和期のクラシックカーの展示、こども歌舞伎の上演もある。

 同さみっとは今年で八回目となる羽生市の一大イベント。四十一都道府県と三カ国から約三百六十体のキャラが参加を予定している。

 コラボステージは「WA(輪)をつなげていきましょう!」と銘打ち、キャラが「隣の県同士」「同じ鉄道路線」「同色つながり」といったテーマを基に三体以上が集まって各地をPRする。

 クラシックカーは全国の愛好家らが八十台を出展。こども歌舞伎は羽生市の郷土芸能を楽しんでもらおうと、同市喜右エ門新田を拠点に活動している小学生たちが「白浪五人男」を披露。キャラとのコラボステージもある。

 さらに、世界が共感する「クールジャパン(かっこいい日本)」を発掘、認定する「クールジャパンアワード」の表彰式も初めて実施する。人気キャラのふなっしー(千葉県船橋市)は二十六日に登場。仮装したキャラによる恒例のファッションショーもある。

 午前九時から午後三時半まで。会場周辺には有料の臨時駐車場を用意。東武・秩父鉄道羽生駅から有料のシャトルバスを運行する。

 実行委事務局の羽生市キャラクター推進室は「地域がお互いに盛り上がれるようなイベントにしたい。ボランティア延べ七百人が参加するので、おもてなしの部分も見てほしい」としている。問い合わせは同室=電048(560)3119=へ。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報