東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

所沢「市ゆかりのデュオ」出演 あす、大人のための500円コンサート

ピアニストの佐藤卓史さん

写真

 所沢市並木一の所沢市民文化センター「ミューズ」大ホールで十六日、市ゆかりのアーティスト二人が協演する「大人のための500円コンサート」が催される。

 子育てが一段落したり、仕事をリタイアしたりした大人たちに、ゆったりとクラシック音楽を楽しんでもらおうと、二〇一〇年から年三回のペースで継続されている。今回は市にゆかりのあるクラリネット奏者の金子平さんと、ピアニスト佐藤卓史(たかし)さんの「所沢デュオ」を楽しめる。

 二人はともに東京芸術大を卒業後にドイツへ留学。ヨーロッパの国際コンクールで好成績を収め、日本音楽コンクールでは優勝という共通経歴の持ち主。今回はドイツで学んだ二人が敬愛するブラームスが最晩年に作曲した作品「クラリネット・ソナタ」などを演奏する。

クラリネット奏者の金子平さん

写真

 開演は十六日午後一時(同零時半開場)、同二時十分に終演予定。チケット予約は不要で、当日受け付けで五百円を支払う。未就学児は入場できない。

 担当者は「ミューズ内のレストラン・カフェでは、所沢の食材を使用したメニューを用意している。公演後も、ゆったりとしたひとときを過ごしていただければ」と話している。

 問い合わせはミューズチケットカウンター=電04(2998)7777=へ。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報