東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

県北の会員ら 絵画など90点出品 加須で国洋美術展

写真

 県北の美術愛好家らの作品展「第三十四回国洋美術展」が加須市の「パストラルかぞ」で開かれている=写真。二十六日まで。

 国洋美術会が作品展示を通して来場者と交流し、地域文化の発展に寄与しようと主催。同会の会員は加須市をはじめ、羽生市や栃木県足利市などの住民三十八人。会員が開いている教室の生徒を含む四十人が絵画を中心に陶芸や写真など九十点を出品している。

 矢嶋利雄会長は「年々、心象的な絵画の傾向が強くなっている。私たちが心に感じ咀嚼(そしゃく)したものを造形化している。ぜひご覧になってほしい」と話している。

 午前九時から午後五時(最終日は午後四時)まで。入場無料。問い合わせは矢嶋会長=電0480(62)6355=へ。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報