東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

国内外のキャラクター360体が羽生に集結 きょうまで「さみっと」

国内外から集まったキャラクターたち=羽生市で

写真

 国内外のキャラクターが集う「世界キャラクターさみっとin羽生」(実行委員会、羽生市主催、東京新聞さいたま支局など後援)が二十五日、羽生市の羽生水郷公園で二日間の日程で始まった。四十一都道府県と海外四カ国から三百六十体のキャラクターが参加し、来場者と交流する。

 初日は三百四十五体のキャラクターが集結。羽生市の姉妹都市デュルビュイ市(ベルギー)のキャラクターは初めて参加。同市のフランシス・デュムラン副市長は「このような素晴らしいさみっとに来ることができてうれしい。肩を組んで写真を撮って仲良くなっているところを見て感動した」と話した。

 キャラクターたちは汗ばむような陽気の中、ステージ上で音楽に合わせて踊るなどしてご当地をPRした。

 会場の各所では来場者がキャラクターにタッチしたり、写真を撮ったりして触れ合った。加須市から家族と友人と訪れた女性(38)は一番好きというメロン熊(北海道夕張市)にかぶりつかれ、「気持ち良かった。ゆるキャラっぽくないところがいい」と喜んでいた。

 二十六日も午前九時から午後三時半まで。入場無料。東武・秩父鉄道羽生駅から有料のシャトルバスを運行している。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報