東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

送り付け詐欺容疑で11人逮捕 2年半で1万7000回発送

 高齢者に注文を受けていない健康食品を送り付け、不当に高額な代金をだまし取る事件で、県警と千葉県警の合同捜査本部に詐欺容疑で逮捕されたグループが二〇一四年十一月から今年五月にかけ、全都道府県の高齢者に約一万七千回送り付け、約四億八千万円を売っていたことが分かった。

 県警は一日、詐欺容疑で草加市の無職金子和弘容疑者(51)ら男女計十一人を逮捕したと発表した。金子容疑者は認否を留保、他の容疑者の一部は認めている。

 県警によると、グループは九州の製薬会社から一箱約千円で仕入れた健康食品を二万円〜四万円で売りつけていた。健康食品の購入歴がある高齢者の名簿を悪用していたとみられる。

 逮捕容疑では、二〇一六年十二月〜今年四月、千葉県などの七十〜八十代の女性三人に、実際は注文を受けていないのに、「注文を受けていた商品ができた」などとうその電話をかけ、健康食品を代金引換のゆうパックで送り、計約八万円をだまし取ったとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報